北向きの家だからという理由で後悔するわけではない | 後悔だらけの注文住宅~経験者の失敗から学ぶ家づくりのページ~

後悔だらけの注文住宅~経験者の失敗から学ぶ家づくりのページ~

ショボイ失敗から致命的な失敗まで、これから家づくりを考えている人のために経験者の失敗談を中心に情報公開していきます。また、いろいろなシミュレーションも交え、マイホーム購入の際に迷いがちなことを解決するためのヒントになればと思います。

北向きの家だからという理由で後悔するわけではない

time 2019/09/06

北向きの家だからという理由で後悔するわけではない

世界に4つしかないのに、どの家にもあるものはな~んだ?

答えは方位です。家づくり、というか土地選びにおいて方位は大切です。

わが家は北側道路に面した、人気の低い土地に家を建てました。

北向きの家というと暗いイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそうというわけではありません。

ただ、気を付けておいたほうがいいポイントはたしかにあります。今回は北向きの家で後悔しないようにするにはどうすればいいかについてご紹介します。

sponsored link

メリット:北向きの家は南にリビングがつくれる

北側に道路があると玄関が北側または北東北西などになります。わが家はそのまま北を玄関としました。建てるまでは玄関の暗さが不安でしたが、玄関扉にスリットが入っていて左右にFIX窓、玄関ドア上にもFIX窓、玄関の棚の上にもFIX窓、とけっこうしつこく採光にこだわったので昼間は電気無しでも明るいです。

玄関写真そして、北側に玄関、トイレ、浴室・洗面をもってきて、LDKを南に配置しました。南側に吹き抜けを作ったので明るいです。曇りの日はちょっと暗いですが…。

南側道路であれば、玄関の横にリビングを作る感じになり、昨今スタンダードなLDKにすると、わりと道路からリビングが丸見えになるというデメリットはあります。

わが家の向かい側の家はほぼそんな感じなので、カーテンを開け放たれると中が見えているお宅もあります。

北向きの家は、リビングを南側に配置できるうえに(両側道路でなければ)プライバシーも確保できるというメリットがあります。

デメリット:南側次第で残念な眺め&暗い家になってしまう

わが家は南側の家が後から経ったため、設計・建て始めの段階では南側がどんな感じになるのか全く分かりませんでした。そこが同時分譲地と注文住宅の大きなデメリットだと思います。

結果的には、予想通りギリギリ北に寄せて建てられているので、南側との距離は2m、南西の窓以外は被っているので、明るさはやはり期待以下でした。でもまあ、晴れている日の昼間は大丈夫な感じです。ただ、掃き出し窓にしてしまったので、勝手口とリビング掃き出し窓の外が隣家の浴室・トイレ・給湯機などが置かれている感じになっています。

腰高窓にして勝手口なしでよかったなあと思っています。

ご近所さんは南側を広くとって、タイルデッキ(メンテナンスフリーでウッドデッキよりおすすめ!)にされていて素敵です♪

タイルデッキに面した窓(東と南)を掃き出し窓にされていて、とても明るいです!ちなみにそのお宅はリビングの北側を階段にされていて、その部分が吹き抜けになっているので明るいです◎

タイルデッキなどを南に作れたら掃き出し窓でもいいと思いますが、わが家のように南にぎりぎり寄せて建てる場合は腰高窓にするのがおすすめです。吹き抜けがあれば明るいですよ!

よそ様の家を見させてもらって、ああこうすればよかったなあ…としみじみ…。そのお宅は3年かけて、間取りなど考えられたらしいので、やっぱり家づくりって、変に焦らずとことん後悔の内容に取り組んだ人は後悔がないみたいですね。

これから家づくりをされる方は、北側の家でも工夫次第でメリットは大きいので、参考にしてみて下さいね!

sponsored link

down

コメントする




転勤族妻です

りんご

転勤族なのに家を建て、1年半後に夫が単身赴任となったアラフォー主婦です。



sponsored link